リリース

膝の痛み&ニーインの改善

膝関節の屈曲に作用する筋肉にはハムストリングや腓腹筋、膝窩筋などがありますが、ハムストリングと腓腹筋は二関節筋(関節を2つまたぐ筋肉のこと)ですが、膝窩筋は単関節筋です。 ハムストリングや腓腹筋の柔軟性が衰えると常に膝関節が伸びきらす、いつも屈曲状態にあるので疲労が溜まりやすい場所としても知られています。(膝窩痛) 膝窩筋は膝の後方外側部の安定性を守るために不可欠な筋肉です。
アセスメント

骨盤傾斜のチェックをしその結果をセッションに活かす

なんで骨盤は歪むのか? 骨盤が歪んでしまうのは日常生活が大きく関係しています。例えば、日頃からの姿勢や癖、外反母趾や出産まで多くの要素で骨盤は歪みます。 ただ、多くの方は骨盤が歪んでいても「私は大丈夫」と気づいていません。そこで自分でできる骨盤の歪みチェック法と改善に役立つ運動をご紹介していきます。 骨盤歪みチェック まずは自分の骨盤が歪んでいるかどうかチェックしてみましょう。
動画

大腿筋膜張筋実際に見て聞いて触ってみる

大腿筋膜張筋は大腿上部の外側で大腿筋膜のなかに包まれています。 上前腸骨棘と大腿筋膜の内面から起始し、大転子の前方を経て腸脛靱帯に移り、この靱帯は大腿の外側を下行し、脛骨外側顆に停止します。 運動動作においては主に股関節の屈曲・内旋・外転、膝関節の外旋といった動きに関与します。
動画

実際に薄筋の場所を把握触ってみる!

大腿の内側には大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋などがありますが、それらをまとめて内転筋群と呼びます。 薄筋は長い帯状の筋で大腿の最も内側を走行する筋肉です。 薄筋は恥骨結合外側縁から起始し、近位で縫工筋の後縁に沿うように走行し、その後、縫工筋、半腱様筋と共に鵞足を形成し、脛骨の内側面に停止します。
栄養学

BCAAが筋トレ後の筋肉痛を回復させるエビデンス

今、スポーツ栄養学の界隈では、BCAAと筋肉痛がトピックスになっています。 2017年9月、BCAAと筋肉痛について、テヘラン医科大学のRahimiらはメタアナリシスを報告し、同じ月にマルセイユ大学のFouréらはシステマティックレビューを報告したのです。 ✻メタアナリシス、システマティックレビューはともに質の高い研究データを集め分析した、もっともエビデンスレベルの高い報告。