TAG 評価

アセスメント

頚部不安定症について理解する

頸部の不安定症とは組織的損傷が何かしらあるものではなく、自覚的に不安定と感じていたり、感覚的に感じていたり、筋力が低下していたりと実際の構造的な問題とは別で不安定という状態が起こります。 その不安定という状態の評価を行うことで首に違和感や問題を抱えるクライアントに知らずにアプローチせずに済むこともあります。 今回はそんな頸部の問題を評価し、どのように改善するのかについてお話しています。
アセスメント

骨盤の前傾に対してどのような考察をするか

高齢者の要介護予防には、転倒や認知機能低下などを予防する運動が必要です。 しかし多くの方は、普段から腰痛や肩凝り等を感じ、ご自身で運動を制限したり、運動ができず「年だし仕方ない」という声も聞きます。 体の痛みや凝りは、人によってさまざまな原因がありますが、「姿勢」からくることも少なくありません。崩れた姿勢は、体の中心部である「骨