TAG 筋トレ

トレーニング

筋トレが続かない理由〜ハーバード大学も伝える進化論と推察

「筋トレが続かないんです…意志が弱いんです…」  筋トレは病気による死亡率を減少させ、睡眠の質を改善し、糖尿病や心臓病のリスクを軽減させるだけでなく、男性には男らしい肉体を、女性には美しいスタイルを与えてくれます。 筋トレにはこれほどの良い効果があるにもかかわらず、なぜ多くの人が筋トレを続けることができないのでしょうか?
トレーニング

股関節の可動性を作るうえで欠かせないヒップリフト

現場で指導をしていると旅田にあるのが股関節の動きがスムーズではない、膝や上体との連動制がうまくいっていない、など。 多くは股関節の可動域の制限や体の使い方の問題である。 ついついその種目のみ返してその種目は上手にさせてしまう。 でもそれって根本の解決になっていません。
トレーニング

ラットプルダウンの正しいやり方とその理由

ラットプルダウンの「ラット」は「広背筋」を、「プルダウン」は「下に引く」を意味します。 ラットプルダウンはウエイトのついたバーを下方向に引くことで主に広背筋を鍛えるトレーニングです。 広背筋を鍛えれば、「逆三角形ボディになる」「胸板が厚くなる」「猫背が改善されてスタイルがよく見える」などの効果が期待できます。
トレーニング

筋肉は1方向にしか縮まない!?  「筋収縮」の仕組み

筋肉は「伸びながら」でも「縮みながら」でも力を出せる  最初に「筋収縮」という単語について、少し説明しておく必要があります。 「収縮」という言葉の本来の意味は物理的に小さく短くなることなので、一時期、「伸張性収縮(エキセントリック)で収縮という単語を使うのはおかしい」という議論がありました。
トレーニング

まずはここから!収縮が理解できるとトレーニングが変わる!

筋肉の収縮はアクチンフィラメントがミオシンフィラメントの中央へ滑走することによって起こります。 つまり、筋肉が収縮により短縮しても両フィラメントの長さは変わらずに、筋節が短縮するのです。 大脳皮質から出された運動指令は電気信号として脊髄を下りて、脊髄にある運動ニューロンに伝達されます。
トレーニング

ジャンプスクワットに最適な負荷 パート2

内部(関節)出力 研究者たちは、股関節におけるパワーに対する有意な二次傾向が存在しており、それは1RM の42%の最大値に至るまで増加し、その後減少しているということを発見している。 研究者たちはまた、膝関節、足関節におけるパワーは一次傾向に従い、負荷の増加に伴い有意に減少していたということを発見している。 様々な関節の出力は非常に異なるため、絶対値から成るグラフよりそれを見て取ることは非常に困難である。
トレーニング

ジャンプスクワットの最適な負荷 パート1

ジャンプスクワットは、あらゆる種目のアスリートに対し、爆発的なパワーを向上させるために付加される、ほとんどのストレングス&コンディショニングプログラムへにとって人気のあるエクササイズである。 また、大抵の研究者やコーチたちは、ジャンプスクワットの出力に対する最適な負荷が存在し、それは通常バックスクワットの1RMの0%である(