TAG 栄養学

動画

サプリメントから摂取することでビタミンAの副作用は?

ビタミンAとは、レチノール、レチナール、レチノイン酸の総称で、脂溶性ビタミンに分類されます。 また、植物に含まれるβ(ベータ)-カロテンは、摂取すると、小腸上皮細胞でビタミンAに変換されるのでプロビタミンA(ビタミンA前駆体)と呼ばれ、ビタミンAの仲間に分類されます。 ビタミンAの吸収と働き
動画

砂糖の有害性と果糖の真実

砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長期間にわたり消費者をだましてきたとしている。
動画

メンタル&筋肉に重要なマグネシウムの7つの真実

マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です。大人の体には20~28gほど含まれ、カルシウムやリンとともに骨をつくっているミネラルです。 ちなみに、豆腐をつくる時に使われる「にがり」は、塩化マグネシウムが主な成分です。 カルシウムではそのほとんどが骨にあって骨が貯蔵庫の役割をしていることは知られていますが、マグネシウムも50~60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用されます。
動画

ボディメイク:食事タイミング編

今回は食事のタイミングについてお話します。 多くのメソッドや意見がある中で確信に迫っていきますが、まず栄養補給のタイミングについてですが基本はトレーニング前後、というのが原則になります。 ですがよくあるのがトレーニング2時間前に何を摂るとか1時間前に何を摂るなどの話題ですよね。 結論から言うと食べる物によって当然変わります。
動画

ビタミンを極める

今から60~200年ほど前までは、多くの人がビタミンの欠乏症によって命を落としていましたが、現在先進国では食生活も良くなり、欠乏症患者は激減し不治の病ではなくなりました。 しかし、これらのビタミンの血中濃度が低い『潜在型ビタミン欠乏症』と言われる人たちは少なくありません。こうした人達は明らかな症状こそ出ていませんが、疲れやすく何らかのきっかけでビタミンの体内需要が高まると、たちまち健康に破綻をきたすことがあります。
栄養学

筋トレの効果を最大にするベータアラニンについて知っておこう

スポーツ運動生理学の発展により、トレーニングの効果は総負荷量やセット数、セット間の休憩時間などの変数によって決まることが明らかになっています。 トレーニング = 総負荷量 × セット数 × セット間の休憩時間 × トレーニング頻度 etc 特に総負荷量は、トレーニング効果の決定的な要素(Key factor)とされています。総負荷量は運動強度と運動回数(レップ数)をかけ合わせることで算出されます。
動画

ミネラルを極める

ミネラル(mineral、無機質、灰分)は、動植物が作り出すことはできないので、動植物が水や土壌から摂取したものを人間が食物として摂取します。 必須ミネラルは生体組織の構成や、生理機能の維持・調節に必要な微量栄養素です。人間の体では作ることができないため、食物などから摂取する必要がありますが、それぞれのバランスが大切です。多過ぎても少な過ぎても、健康の保持・増進には好ましくありません。 ミネラルには、ヒトにとって不可欠な必須ミネラルと健康上のトラブルの原因となる有害ミネラルがあります。
動画

乳製品について極める

厚生労働省や海外の調査によると、一日にコップ1、2杯の乳製品の摂取で前立腺がんのリスクが高まることが分かっています。 また卵巣がんでは「乳製品を全く飲まないか、少量しか摂取しない女性」に比べ摂取する女性の卵巣がんのリスクは2倍も跳ね上がることが分かっています。 では、乳がんと乳製品摂取の関係はあるのでしょうか?
動画

脂質について極める

脂質は、体内に存在する「体脂肪」と食物中に存在する「食物脂質」ののうち、 あぶらには、常温で液体のあぶら(油)と固体のあぶら(脂)があります。 これをまとめて、油脂と呼んでいます。この油脂は、脂肪酸とグリセリンという分子からできています。この油脂や脂肪酸、グリセリン、コレステロールなどをあわせて脂質と呼んでいます。