TAG 授業

トレーニング

腸腰筋の解剖学的解説&トレーニング&リリース

大腰筋は起始は浅部と深部に分けられる。 浅部(浅頭)は第12胸椎と第1~4腰椎の側面およびそれらの間に介在する椎間円板から起こり、深部(深頭)は第1~5腰椎の肋骨突起から起始し、腸骨筋と合流して腸腰筋となり腸骨筋膜に包まれ、腸恥隆起を越えて走り筋裂孔を通って小転子で終わる。
トレーニング

腹横筋の解剖&トレーニング&リリース

腹横筋は、腹部の筋肉のうち腹壁外側部を走る側腹筋の一つ。 内腹斜筋の深層に存在し、下位肋骨、鼠径靱帯、腸骨稜、胸腰筋膜を起始とし、水平に外側に向かって走り、腱膜に移行して腹直筋鞘に付着する。いわゆるインナーマッスルの1つ。 下位肋骨を下方に引き、腹圧を高める作用がある。