TAG 内腹斜筋

アセスメント

トレンデンブルグについて~下肢の連動からあらゆる考察を~

トレンデレンブルグ徴候とは、中殿筋が麻痺しているとき、歩行の片足支持期に骨盤が傾く現象をいう。名前はドイツの外科医フリードリヒ・トレンデレンブルグに由来する。 中殿筋は立位姿勢を保持するのに重要な筋(筋肉)のひとつである。歩行の片足支持期には支持側の中殿筋が収縮し、骨盤を水平に保つ。 中殿筋が麻痺すると骨盤を水平に保つことができなくなり、遊脚側(足が上がっている側)に傾く。代償作用として、頭部と体幹が麻痺惻に傾く。 では実際はほかにどんな原因があるのか。
アセスメント

側部の体幹タイトネスの見つけ方

脳血管障害をはじめ、臨床では体幹筋へのアプローチ法として端坐位や膝立ちを用いている。先行研究では歩行や階段昇降において、体幹筋、とくに内腹斜筋の活動の重要性が指摘されている。 そこで、内腹斜筋のアプローチとして端坐位や膝立ちでどのように行うか、またその結果何がわかるかを言及する