TAG トレーニング

記事

あなたのトレーニング方法は科学的根拠に基づいているだろうか? パート2/2

専門家の意見はどこに適合するのか? 専門家の意見はこのリストの最後にあり、これは、しばしば人々を苛立たせる。 しかし人間の心理には、潜在的に多くのバイアスとエラーが存在し、我々の誰もが例外ではない。 最も一般的なエラーはもちろん相関関係と因果関係を取り違えることである。 結局のところ、傾向に気が付くことは人間の性なのである。
記事

あなたのトレーニング方法は科学的根拠に基づいているだろうか? パート1/2

クライアントやアスリートのトレーニングに用いているあなたのトレーニング方法は、科学的根拠に基づいているだろうか? 新しいトレーニング方法や技術を評価する際、特定の公式を使っているだろうか?おそらくほとんどの人はそうではないことを認めるだろう。 しかしながら最近発行された総説は、医療分野において機能する(もしくはむしろ機能するようにデザインされている)という観点に基づき、科学的根拠に基づいたトレーニングへの正式なアプローチを推奨し、解説している。
記事

「火事場の馬鹿力」は自らの意志で出せるのか?

今回は、筋肉が持つ力を自分の意志でどこまでコントロールできるかについて解説します。 「火事場の馬鹿力」と言われるように、人は非日常的な出来事に直面した場合などに、普段は出せないような力が出ます。 この火事場の馬鹿力は自らの意志で出すことはできないのでしょうか。 自分の意思では 本当の最大筋力は出せない
記事

「一気に加速、すぐに力を抜く」-バリスティックトレーニングのポイント

このトレーニングは、「目の前にある負荷を瞬間的に強く加速させる」というもの。「ジャンプ」などがその典型例です。 その目的は、単純に筋力を高めるというものではなく、筋力を実際の動作に結びつけることにあります。 バリスティックトレーニングはバーベルを使っても可能 今回は、前回触れたバリスティックトレーニングの具体例から始めましょう。
記事

メカニカルストレスを重視した4つのトレーニング方法

今回からは、筋肉を太く強くする上で決して避けて通れない、メカニカルストレスを与える方法を考えていきましょう。 まずオーソドックスな筋力トレーニングの場合、80%1RM(1回挙げられる重さの80%)という負荷が標準的なメカニカルストレスです。 その負荷を使って十分なトレーニング量(回数やセット数)をこなすことを前提とする
記事

筋肉の性能をフルに発揮させる方法

物が動かないと、筋肉が仕事をしたことにならない 今回は、力学的パワーについて説明します。 実際の運動パフォーマンスにおいては、このパワーというものが非常に重要な意味をもってきます。 物を持ち上げる(動かす)という行為は、筋肉の働きとしてはアイソメトリック(等尺性収縮)からコンセントリッ ク(短縮性収縮)の