TAG セミナー

動画

スクワットで”膝を出すな”は間違っている!!!

トレーニングの王道とも言えるスクワット。下半身の強化や姿勢の改善のために、日々頑張ってる方も多いのではないでしょうか。 めんてなでは膝や股関節を痛めた方のコンディショニングを担当することが多く、スクワットのフォームチェックは非常に大切になっています。 その中でよく出てくる課題というのが、 膝はつま先よりも前に出ていい という説明をしっかりと行うことにあります。
動画

まずはここから!収縮が理解できるとトレーニングが変わる!

筋肉の収縮はアクチンフィラメントがミオシンフィラメントの中央へ滑走することによって起こります。 つまり、筋肉が収縮により短縮しても両フィラメントの長さは変わらずに、筋節が短縮するのです。 大脳皮質から出された運動指令は電気信号として脊髄を下りて、脊髄にある運動ニューロンに伝達されます。
動画

誰もが実はうまくできてない腕立てについて解説してみた

腕立て伏せ(プッシュアップ)の効果とやり方を見ていきます。 大胸筋を鍛える筋トレ種目には様々なものがありますが、その中でも恐らく最も有名であり、誰しも一度は取り組んだことがあると言えるかもしれない筋トレと言えば、自重トレーニングの代表格である腕立て伏せ。 学校の体育の授業や部活、他にも多くのトレーニングの中で取り組んだことがあるかと思います。 その腕立て伏せが持つ最大の魅力は、専用の器具や難しいテクニックが必要なく、好きな時に簡単に取り組めるトレーニングでありながらも、上半身の筋肉を中心として体幹の強化にも繋がり、全身運動としても優れている点。 今回は、筋トレ種目の中でも誰もが知っているその腕立て伏せについて、効果とやり方を詳しく見ていきます。