トレーニング

菱形筋の解剖&トレーニング&リリース

菱形筋は、脊椎から起こり、左右の肩甲骨に停止する、一対の筋である。 僧帽筋の深部にあり、第6頚椎(C6)から第4胸椎(Th4)にかけての棘突起から起こり、外下方に斜走し肩甲骨の内側縁に付く。 頚椎を起始部とする上部を小菱形筋、胸椎を起始部とする下部を大菱形筋と分けて呼ぶこともある。肩甲背神経の支配を受ける。
トレーニング

僧帽筋の解剖&トレーニング&リリース

僧帽筋は、人間の背中の一番表層にある筋肉である。 英名は「台形」を意味する語に由来し、首、左右の肩、第十二胸椎がつくる四角形から命名されたものである。和名はカトリック教会の一派であるカプチン会修道士のフードに見立てたことによる。オランダ語のMonnikskapspierと同じ語源である。
動画

運動生理学 筋の肥大と成長ホルモンと男性ホルモン、骨格筋の種類形状

骨格筋は、動物の筋肉の一分類であり、骨格を動かす筋肉を指す。ここではヒトの骨格筋について記す。 骨格筋は組織学的には横紋筋であり、内臓筋が平滑筋であるのと対照をなしている。ただし浅頭筋などにみられる皮筋や、舌や咽頭、横隔膜のような内臓筋の一部も骨格を支えているわけではないが、骨格筋組
動画

運動生理学 骨格筋の分類、運動収縮

以前から説明される筋収縮の分類としては、関節動作を伴わない「静的」な「等尺性筋収縮(アイソメトリック コントラクション)」と関節動作を伴う「動的」な「等張性筋収縮(アイソトニック コントラクション)」の2種類が代表的なものでした。 「等速性筋収縮(Isokinetic Contraction:アイソキネティック コントラクション)」は、1960年代中頃、ニューヨーク大学 整形外科学教室とテクニコン社(Technicon Corporation)による共同研究が行われ、1967年に Hislop、Perrine、Thistle らによる新たな論文が発表され、初めてこの概念が紹介されました。
トレーニング

スクワットニーイン対処法①

脚を曲げた時にどうしても膝が内側に入ってしまう…俗に "ニーイン" と呼ばれる状態です。 この状態をスポーツ動作の中だけで改善する事はほぼほぼ不可能です。 この状態を治そうと膝を無理やり外に向けて動作をする事は、膝や足底筋の痛みを招く可能性があります。 また極端なニーインが起きていなくても “扁平足“ や ”足裏・膝の痛み“ もこの “ニ