リリース

固有受容感覚の向上方法 パート2/2

地図は動きによって構築される 最新の需要を反映して、地図は常に更新されています。 簡単な実験をすることにより、地図が変更されていることを即座に感じることができます。 皆さんの左右の耳の形と位置を想像または感じてみてください。 そうしたら、左の耳のみを数秒間こすってください。 では、左の耳と右の耳の感じ方の能力を比べてみましょう。
リリース

固有受容感覚の向上方法 パート1/2

固有受容感覚とは、正確には何のことでしょうか。 身体感覚または運動感覚の気づきと呼ぶこともできます。 これは、脳がもつ相対的な身体の位置や身体のさまざまな部位の動きを感知する能力です。 固有受容感覚があるからこそ自分の手を動かす時、それが空間のどこにあるのか、目をつぶっていても分かるのです。
トレーニング

筋が張っていると感じるのはなぜ? パート2/2

筋の緊張にどのように対処すればいいか?  単純に張りを感じるケースのほとんどの場合、原因ははっきりしています。 長時間同じ姿勢で固まっていたり同じ動きを繰り返したりしていると、部位によっては侵害疼痛を引き起こす血流不足や代謝ストレスを緩和させるために姿勢を変えたり筋の休息が必要となります。
トレーニング

バランスの見つけ方 パート3/3

PRIは、呼吸筋のエクササイズの為に様々な形で循環系トレーニングを使います。 ここにゾーン・オブ・アポジションの非徒手テクニックの例をいくつか紹介します: ステア・ショート・シーテッド・バルーン 最適な呼吸を回復するその有効性から、これは運動の前に行うにはベストなエクササイズです。風船は呼気筋群を鍛える為に使われます。
トレーニング

バランスの見つけ方 パート2/3

アスリートがよりアクティブになって呼吸筋に負荷をかけるにつれ、横隔膜は骨盤底筋群や腹部の深層筋と共により強く素早く引かなければならなくなります。 キーとなるアンテリアインテリアチェーンマッスルの右側での強固な引っ張りにより、骨盤と腰椎は右側に回旋するようになります。 胸郭はその引っ張りのバランスをとる為にカウンターとして逆方向に回旋し、肩と頚椎もこれと同様に影響します。
トレーニング

速いレップ速度は筋力の増加を助長するか? パート2/2

相対的負荷が制御されている場合、レップ速度は筋力の増加にどのような影響を及ぼすか? (ほとんど)トレーニングを行っていない被験者において、相対的負荷が制御された等慣性トレーニング後の筋力増加に対するレップ速度の影響を比較した数少ない研究は、下記のものである。 マン (2005) は115名のトレーニングを行っていない健康な被験者において、6週間に渡りレップ速度の筋力増加に対する影響を比較した。
トレーニング

速いレップ速度は筋力の増加を助長するか? パート1/2

レップ速度の筋力に対する影響は、評価を行うことが困難である。 速いバー速度を指示する人達と遅いバー速度を支持する人達が、それぞれに存在し、速いバー速度の支持者たちは、速いバー速度は閾値の高い筋繊維をより多く動員することを可能にすると示唆し、遅いバー速度を支持者たちは、より大きなタイムアンダーテンション(筋緊張下の時間)をアピールしている。 研究者たちは他の変数を制御することの難しさに悩まされているということ。