記事

限界に至るまでのトレーニングは筋力の増加に影響を及ぼすか? パート 1/2

ストレングストレーニングの際、筋限界に至るまで行うべきかどうかは、フィットネス業界における意義深い議論の源である。 しかしながら、一般紙における関心度の高さにもかかわらず、研究者たちはこの分野における詳細な研究をあまり行っていない。 そのため、量を適合させた長期のトレーニング研究は数少なく稀である。
記事

関節は中心化される必要があるか?それが本当に問題なのか? パート 1/3

本日お話したいのが‘関節中心化’理論、あるいは関節の‘中立’ポジションについて、です。 この理論は、関節周辺を回旋させるための最大許容量を可能にするためには、関節の中立的“ポジション”、あるいは回旋軸を持つことが有利であるというものです。 関節の‘中心化’ によって、関節の最終域に向かって位置することによって運動能力を減少させるのではなく、全方向に向かって均等に動くことが可能になる。
記事

片脚トレーニングにおける5つの利点 パート 2/2

#3 – 抑制 私がスプリットスタンスエクササイズを好んで使用するもう1つの主な理由として、抑制があります。 我々のゴールはコアを“シリンダー”のようにポジション安定させることです:胸郭下部が下がり、骨盤は上を向きます。 この姿勢では、横隔膜と骨盤底がお互いに向き合い、身体 全身で空気の流れを最適な状態にすることができるポジションになります。
記事

片脚トレーニングにおける5つの利点 パート 1/2

片側性(片脚)トレーニン対両側性(両脚)トレーニングの討論は、ほぼ10年近く繰り 広げられてきました。 あるグループでは、片脚トレーニングと両脚トレーニングは(すべての点において)同等 であると信じている指導者がいます。 一方で、選手に片脚スクワットやルーマニアンデッドリフトのようなサーカスのスタントをさせることなど考えもしないという指導者もいます。 だからなんなのでしょう?
記事

筋肉の性能をフルに発揮させる方法

物が動かないと、筋肉が仕事をしたことにならない 今回は、力学的パワーについて説明します。 実際の運動パフォーマンスにおいては、このパワーというものが非常に重要な意味をもってきます。 物を持ち上げる(動かす)という行為は、筋肉の働きとしてはアイソメトリック(等尺性収縮)からコンセントリッ ク(短縮性収縮)の
記事

背骨のずれに関わる筋肉と評価する方法

脊椎のずれ(捻れ)を評価するための方法について解説していきます。 脊椎運動の三原則 まずは脊椎を触知していく前に、脊椎運動の三原則について理解しておくことが大切です。 この原則を知っておくことにより、正常な動きを阻害している筋肉がどこにあるかを特定することができるようになります。
記事

ジャンプ能力と長距離走のパフォーマンスはどのような関係にあるか? パート2/2

研究者たちはどのような結論に達したのか? 研究者たちは、スプリントと5000mまでの長距離走のパフォーマンスは、共に三段跳テストによって得られた水平ジャンプの能力と相関関係があると結論付けた。 ゆえに彼らは、スプリンター同様、中距離ランナー、長距離ランナー、に対しも、ストレングス&パワートレーニングが考慮されるべきであると示唆している。
記事

ジャンプ能力と長距離走のパフォーマンスはどのような関係にあるか? パート1/2

ジャンプ能力とスプリントパフォーマンスでは筋力を発現させる能力が共通しているようであるため、ほとんどの場合、我々はその2つの良好な相関関係を期待している。 また一方、突き止め理解するのはとても困難ではあるものの、筋力と長距離走の能力の間にも関連がある。この研究は水平跳びの能力と5キロまでの長距離走の能力との間に良好な関係があることを示しているものである。