CATEGORY 栄養学

動画

メンタル&筋肉に重要なマグネシウムの7つの真実

マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です。大人の体には20~28gほど含まれ、カルシウムやリンとともに骨をつくっているミネラルです。 ちなみに、豆腐をつくる時に使われる「にがり」は、塩化マグネシウムが主な成分です。 カルシウムではそのほとんどが骨にあって骨が貯蔵庫の役割をしていることは知られていますが、マグネシウムも50~60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用されます。
動画

オメガ3のαリノレン酸は摂取すべきなのか?

α-リノレン酸は直鎖18炭素で3つのcis二重結合を持つカルボン酸である。最初の二重結合はω末端から数えて3番目の炭素に位置する。したがって、α-リノレン酸は多価不飽和脂肪酸であり、ω3 脂肪酸である。二重結合の場所が違う異性体にω6 脂肪酸のγ-リノレン酸がある。 栄養学では、摂取することが必須の栄養素である必須脂肪酸である。ヒトを含めた多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやDHAを生産することができるが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度である
動画

ココナッツオイルの真実

ココナッツオイルは、生のココナッツか乾燥させたココナッツの果肉から作られたトロピカルオイルです。バージンココナッツオイルは、コールドプレスされたもので、ココナッツの風味が残っています。精製されたココナッツオイルは、特徴的なあのトロピカルな香りや味が失われています。 ココナッツオイルといえば、豊富な飽和脂肪酸のことも忘れないようにしましょう。ココナッツオイルの脂質の90パーセントが飽和脂肪酸で、これはバターやラードよりも多い、と『Harvard Health Letter』は言います。 ココナッツオイルには、大さじ1杯あたり飽和脂肪酸が11グラム含まれていますが、オリーブオイルは同じ量で2グラム以下しか含まれていません。 結果体に対しての効果はどうなのでしょうか。
動画

カフェインの減量効果はいかに?

コーヒーから分離されカフェインと命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。
動画

大豆って結局健康?その真実とは

大豆は、古くから日本で親しまれてきた食材のひとつ。優れた栄養価を持つことから、日本だけでなく世界中で大豆に関する研究が進められています。 とはいえ、実際に大豆にどんな栄養があって、どんな健康メリットが期待できるのかをよく知らない人もいるかもしれません。 そこで今回は、日本人に身近な大豆の魅力についてお伝えします。  
セミナー

2月9日脂質セミナー情報&動画120分

三大栄養素の脂質は1グラムあたり9キロカロリーと、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。 脂質は水に溶けずにエーテル、クロロホルムなどの有機溶媒に溶ける物質で、炭素、水素、酸素で構成されています。 脂質は重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。
動画

赤身肉の発がん性について

IARC主催の10か国、22人の専門家による会議で赤肉(注1)(牛・豚・羊などの肉)、加工肉の人への発がん性についての評価が行われました。 評価は全世界地域の人を対象とした疫学研究(エビデンス)、動物実験研究、メカニズム研究からなる科学的証拠に基づく総合的な判定です。 その結果、加工肉について「人に対して発がん性がある(Group1)」と、主に大腸がんに対する疫学研究の十分な証拠に基づいて判定されました。
動画

水の安全性とその真実

植物の成長に必要な栄養素として特に窒素、リン酸、カリウムが、三大栄養素として挙げられます。 このなかで窒素は、主に硝酸態窒素(硝酸イオン、NO3-)として植物に吸収されます。 ヒトをはじめとする多くの動物が多量の食物を摂取した際に、飢餓状態に備えて余剰の栄養素を脂肪として体内に蓄積するように、植物は過剰に摂取した硝酸態窒素を、栄養素を吸収できない場合に備えて蓄えます。