CATEGORY 動画

動画

実際に筋肉を書いて触診!大内転筋!

大腿の内側には大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋などがありますが、それらをまとめて内転筋群と呼びます。 大内転筋は内転筋群の中でも最も大きく、最も強い力を発揮する筋肉でもあります。 大内転筋は坐骨結節、坐骨恥骨枝から起始し、大腿骨粗線内側唇に停止するので、主に股関節を強力に内転させる作用を持ちますが、その他にも股関節を内旋、伸展させる作用もあります。
リリース

円背や手首痛の方必見の上腕二頭筋リリース!

上腕二頭筋は「力こぶ」を作り出す筋肉で長頭、短頭の二頭で構成されています。 上腕二頭筋の長頭は肩甲骨の関節上結節から起こり、肩関節の関節腔を貫いて結節間溝を下降し、短頭は長頭の内側にあって烏口突起から起こり、両者相合して上腕の前面を下行して橈骨上端の橈骨粗面に付着しています。
リリース

足がつりやすいクライアント様への対処法

サッカーやテニスの選手が試合中に足がつり、トレーナーに伸ばしてもらっているのを目にしたことがあると思います。 そこまで足を酷使した記憶はなくても、寝ているときに突然足がつって、その痛みで起きてしまう経験はありませんか? ほとんどの方はたまに発生する程度ですが、これが頻繁に起こると睡眠不足になって生活に支障が出てしまうこともあります。
動画

実際に書いて触ってみた。縫工筋の触診!

縫工筋は大腿四頭筋を横断するように走行にある帯状の長い筋肉です。 縫工筋は骨盤の上前腸骨棘から起始し、斜めに下内方に向かって脛骨内側面の上端(鵞足)に停止する筋肉で身体の中で最も長い筋肉です。 二関節筋である縫工筋は、主に股関節の屈曲と膝関節の屈曲に関与しますが、この2つの動きが同時に生じる場合は、縫工筋の働きは弱くなります。その他にも股関節の外旋、外転、下腿の内旋などといった動作にも関わってきます。