CATEGORY リリース

リリース

変形性股関節症についての考え方

股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。 関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。 一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。
リリース

手首の痛みに対して筋膜連結を活かしてリリース

ドケルバン病というものを含めて手首が痛いというクライアント様へのアプローチ法です。 手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。
リリース

肋骨上の疼痛を疑い腹斜筋の滑走性を取り戻す方法とは?

多くのクライアント様を見ていると多くの悩みを耳にします。 そんな中で腹斜筋に原因がある痛みをご存知でしょうか。 例えば5番から外腹斜筋が付着し、7番から腹横筋、10番に内腹斜筋とまるでそれぞれを分別してほしいかのようにキレイに分かれているんです。 もちろんそれぞれかぶっている部分もありますが、その作用と付着がわかることで肋骨の滑走性の癒着とその解消方法がわかるんです。 ぜひ明日、クライアント様にお試しください。
トレーニング

腹直筋の解剖&トレーニング&リリース

腹直筋は、腹部の筋肉のうち前腹壁の中を走る前腹筋の一つ。一般的に腹筋として知られる。 恥骨の恥骨結合部、および恥骨結節上縁を起始とし上方に向かい第5〜第7肋軟骨と剣状突起に付着する。途中で3〜4個の腱画により分画されている。 体幹部の屈曲や回旋、側屈に関与し、呼吸にも寄与している。また、腹圧を加える作用があり、それによって排便や分娩、咳などにも寄与している。 Rectus abdominisは、「rectus=まっすぐな」、「abdomen=腹」よりきている。
アセスメント

ストレートネック改善に向けての考え方

本来頸椎(首の骨)は、30〜40度の湾曲があります。それが、長い間の姿勢の崩れや頸椎の疲労などによって、その湾曲がストレート=まっす になってしまう状態をストレートネックといいます。 『ストレートネック』になると、頭部の重心が前に移動してしまうために、頭を首の筋肉だけで支えなくてはならなくなります。結果、筋肉が緊張し、慢性的な首の痛みや肩こりなどの症状が現れます。症状が進行すると、首の神経を傷め、頭痛・片頭痛、手足のしびれ、めまいなどを惹き起こすとがあります。厄介なことにお薬では改善しません。 長時間うつむき姿勢でパソコンを操作するなどのデスクワー
リリース

肩甲骨を一瞬で動くようにし天使の羽を手に入れる方法

肩関節は、肩甲上腕関節、第二肩関節、肩甲胸郭関節の複合体で、複合関節としての運動に異常をきたしやすい特徴があります。 広く知られている肩関節疾患には、五十肩、投球障害肩などがあります。 また、同じ肩関節の疾患と言っても症状は様々で、痛みを感じる症状以外にも「肩が挙がらない」「力が入りづらい」など多岐に渡ります。
リリース

坐骨神経痛を理解する

お尻から足の後ろ側にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状のを「坐骨神経痛」と言います。 坐骨神経痛を病名と思われている方がいますが、頭痛や腹痛と同じ症状を表す言葉です。 いろいろな原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで痛みやしびれなどが起こり、その症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。
アセスメント

変形性膝関節症の概要と理解とは?

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。 主な症状は膝の痛みと水がたまることです。 初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。