「宮城島大樹」の記事

アセスメント

MCLとLCLについて理解する

MCLとLCLは膝に存在する靱帯で、それぞれが内側ト外側で伸張された際にそれ以上伸長されないよう膝を保護している組織の1つです。 これら2つの靱帯が損傷するとき、周囲のほかの組織にも尊攘が見られたり、これらが損傷する際の膝の構造的な変化を理解しておけば日頃パーソナルジムでセッションをしている範囲であってもスクワットの際のフォームで膝がある形になったときにリスクであるということがわかる。 そのことについて今回の動画では解説しています。
アセスメント

脊柱の後弯の獲得~モーターコントロール&筋膜リリース編~

脊柱の可動性というのは全身の中でも最も重要ともいえる要素の1つです。 神経の通り道でもあり、前屈や後屈や回旋や側屈などすべての人間の動きにはこの体幹部分の機能が不可欠です。 そんな脊柱の後弯が獲得できない場合にどのようにアプローチすることでその可動性を獲得するのか。 今回はモーターコントロール&筋膜リリースの観点からアプローチをしていきます。
アセスメント

頚部不安定症について理解する

頸部の不安定症とは組織的損傷が何かしらあるものではなく、自覚的に不安定と感じていたり、感覚的に感じていたり、筋力が低下していたりと実際の構造的な問題とは別で不安定という状態が起こります。 その不安定という状態の評価を行うことで首に違和感や問題を抱えるクライアントに知らずにアプローチせずに済むこともあります。 今回はそんな頸部の問題を評価し、どのように改善するのかについてお話しています。
アセスメント

半月板損傷について②

半月は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれがあり、クッションとスタビライザーの役割をはたしています。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。 スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力が加わって損傷する場合とがあります。 前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。 半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。
動画

腹直筋の離開について理解と対処法

お腹の筋肉は左右に分かれていて、これを“白線”とよばれる繊維が体の中心でつないでいます。腹直筋離開とは、白線が横に薄く伸び、お腹が割れたような状態になることをいいます。 少し前まではお腹が大きくなる妊娠後期から産後数ヶ月までの女性に多く見られましたが、最近では妊娠したことのない人や産後何年も経っている人にも見られるようになってきました。
アセスメント

皮膚から介入する下肢筋群の筋力調整方法

皮膚と筋力には非常に密接なかかわりがあります。 筋力が低下し皮膚が垂れる・・・本当にそうでしょうか。 どちらが先か、それはニワトリと卵どちらが先かという論争のように答えはありません。 しかしそこにあるのは皮膚の状態というものが筋肉の発揮できる力に非常に大きな影響があるということだけです。