骨盤の前傾に対してどのような考察をするか

高齢者の要介護予防には、転倒や認知機能低下などを予防する運動が必要です。
しかし多くの方は、普段から腰痛や肩凝り等を感じ、ご自身で運動を制限したり、運動ができず「年だし仕方ない」という声も聞きます。

体の痛みや凝りは、人によってさまざまな原因がありますが、「姿勢」からくることも少なくありません。崩れた姿勢は、体の中心部である「骨盤」にあらわれます。

大きく分けると「骨盤前傾型」と「骨盤後傾型」の2つのタイプがあり、簡易的に確認する方法があります。

正しい姿勢の時、骨盤の前面から膝の下へと延びている太ももの前(大腿四頭筋)の筋肉が骨盤を前にひっぱり、骨盤の後面から膝の裏へと延びている太ももの後ろ(ハムストリングス)の筋肉が骨盤を後ろにひっぱり前後でバランスをとることで骨盤を正しい位置に保っています。

「骨盤前傾型」は、大腿四頭筋がハムストリングスより緊張し、骨盤が前に引っ張られている状態です。
「骨盤後傾型」は、ハムストリングスが大腿四頭筋より緊張し、骨盤が後ろに引っ張られている状態です。筋肉の緊張状態は筋肉が強すぎる、逆に使わず硬縮した状態でもあらわれます。

いずれの状態でも骨盤を正しい位置にするには、緊張している筋肉を伸ばす必要があります。

ですが重要なのは立位では条件が変わるということ



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 



 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン