脊柱の側屈と回旋のカップリングモーションについて

全身の支持の要である、背骨で考えてみましょう。
背骨は、

頸椎(cervical vertebra)7個
胸椎(thoracic vertebra)12個
腰椎(lumbar vertebra)5個
仙椎(sacrum)5個
尾椎(coccyx)3~5個

でできています。

屈曲・伸展
回旋
側屈

三次元の運動が可能です。
それぞれの可動域は、

頸椎
屈曲35°~50°
伸展80°~95°
回旋左右約90°
側屈左右約40°

胸椎
屈曲30°~40°
伸展20°~25°
回旋左右約30°
側屈左右約25°

腰椎
屈曲50°
伸展15°
回旋左右約5°
側屈左右15°~20°

腰椎は5°しか回旋できず、胸椎は30°回旋できます。合わせて35°回旋できます。
これから、腰を回すというのは、実際は胸椎で回旋をしているといえますね。

「脚は鳩尾から」というのは、ここからきているのでしょう。
屈曲は、胸椎約30°~40°、腰椎が約50°、と腰椎が大きいのに対して、
伸展は、胸椎20°~25°、腰椎約15°、と胸椎の方が大きいです。

ボールルームダンスで、腰から倒れるように反ってしまうと駄目だということが、ここからもわかります。
腰から反ってしまうと元々の可動域が狭いということです。

屈曲
胸椎30°~40°
腰椎50°、

計、80°~90°

伸展
胸椎20°~25°
腰椎約15°、

計、35°~40°

回旋
胸椎左右約30°
胸椎左右約5°

計、左右約35°

側屈
胸椎左右約25°
腰椎左右約15°~20°

計、40°~45°



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●大胸筋の鍛え方とリリース方法

●大殿筋の鍛え方とリリース方法

●広背筋の鍛え方とリリース方法

●三角筋の鍛え方とリリース方法

 

 

ー動画ー

●腰痛について理解する

●肩こりについて理解

●スクワットでニーインを防ぐ方法

●スクワットで膝を出すなというトレーナーは三流

●トレーニングベルトつけないと太くなるは大間違い

 

 

ーアセスメントー

●姿勢評価に必要な基礎アライメントチェック

●FMSディープスクワット

●腰痛で病院行く前に知っておくべきこと

 

 

ーセミナー&テキストー

●解剖下肢前面

●解剖下肢後面

●炭水化物を極める

●タンパク質を極める

●解剖下肢臀部

 

 

ー究極出版はコチラー

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら