自律神経の調整および呼吸(コアトレーニング)の概論

呼吸器の構造とはたらきは、以下のように要約することができます。

1.呼吸器は、酸素を取り込み二酸化炭素を排出するガス交換のはたらきをになう器官です。
2.しくみ(構造)は、空気の流通路である気道系とガス交換の場である肺胞系からなりたっています。
3.呼吸運動は、呼吸中枢、呼吸筋、自律神経系によって調節制御されています。

肺は、背骨、肋骨、肋間筋からなる胸壁とその底辺となる横隔膜によってかたちづくられる円錐状の胸郭内にあって、その中に空気を多量に含みながら心臓をとりかこむように位置する臓器です。
肺はそれ自体でふくらんだりちぢんだりすることができず、脳の延髄にある呼吸中枢の調節によって横隔膜などの呼吸筋が収縮・弛緩運動しながら、ふいごのように肺から空気を排出し肺の中へ吸入しています。
この空気の出し入れを換気と呼びます。

肺は、空気の通り道となっている管状構造をした気道(気管支)と、酸素の取り込みや二酸化炭素の排出をおこなうガス交換の場である肺胞からなりたっています。

 

短距離走に関する誤解として「息を止めて走っている」というものがあります。
集中すればするほど息が止まるものだというものですね。
確かに世界レベルの勝負になるならば100メートルは10秒といったことになりますから、その間は息を止めて走っているものと思われがちです。

しかし実際は・・・



その他

●呼吸からアプローチするコアの高め方

●呼吸で自律神経を整えること

など多くの呼吸系別動画はログインへ

 

 

<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン