腰痛~後屈時疼痛~の対処法について①

腰痛には、背中や腰の骨、筋肉の異常から発症するものや、うつ病や心身症ストレスなどの精神的なものが関わっているもの、内臓の疾患から発症している場合など原因はさまざまです。

ほとんどの人の腰痛が背中や腰の骨や筋肉の異常から発症している整形外科的腰痛と呼ばれるもので、日常生活での長時間の悪い姿勢、運動不足、長時間労働、過激な運動、加齢などによって筋肉が疲労したり、緊張したり、脊椎に変性が起きたりすることで痛みが起こります。また、多くの場合、背筋が痛みを伴って硬くなります。

精神的なものが関わっている腰痛は、痛みの程度が変わったり、痛む場所も移動したりして、患者さんの訴えもさまざまです。診察や検査を行っても、脊椎などに明らかな異常はみられません。

今回はそんな腰痛に関して後屈時の疼痛に関して解説します。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●大胸筋の鍛え方とリリース方法

●大殿筋の鍛え方とリリース方法

●広背筋の鍛え方とリリース方法

●三角筋の鍛え方とリリース方法

 

 

ー動画ー

●腰痛について理解する

●肩こりについて理解

●スクワットでニーインを防ぐ方法

●スクワットで膝を出すなというトレーナーは三流

●トレーニングベルトつけないと太くなるは大間違い

 

 

ーアセスメントー

●乳製品をとっていいことはない

●姿勢評価に必要な基礎アライメントチェック

●FMSディープスクワット

●腰痛で病院行く前に知っておくべきこと

 

 

ー栄養学ー

●人工甘味料について

●赤身肉のもつ発がん性とは

●水の持つ安全性

●アレルギーの権化、小麦粉について

●生理痛をひどくする食事とは

 

 

ーセミナー&テキストー

●解剖下肢前面

●解剖下肢後面

●炭水化物を極める

●タンパク質を極める

●解剖下肢臀部

 

 

ー究極出版はコチラー

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら