8月3日アライメントチェックおよび修正120分

体幹の構造上の中心をなす部分。頸椎,胸椎,腰椎,仙椎,尾椎と呼ばれる椎骨が縦列して1本の脊柱を構成し,椎骨の中にある椎孔が脊柱全体を通じて脊柱管をつくり,そこに脊髄を入れている。

各椎骨は椎間板と上下椎間関節で接続し,全体として脊柱に橈屈性を与えている。人間の脊柱は生理的に,頸椎で前彎,胸椎で後彎,腰椎で前彎というS字状の湾曲をしている。この生理的湾曲が変形して,後彎 (主として胸椎部) が特に著しくなったものを円背といい,反対に前彎 (多くは腰椎) が著しくなったものを凹背という。

また,胸椎部が扁平となり,ときには軽度の前彎を示すものを平背という。これらの異常姿勢によって,腰痛や背痛が起ることが多い。



▼▼▼

動画購入希望はコチラ

 

※購入者にログインパスワードを個別でお知らせします。

ログイン後画面でセミナーフル動画が購入者のみ閲覧できるようになります

 

※テキストはログイン後取得できます。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら