朝食を食べることによるメリット&デメリット

朝起きて、最初に食べる食事である。

1日の食事の中では比較的軽食である場合が多い(ただし英国など一部地域ではしっかりと摂る)。 朝起きてから実際に活動に適した体温に上がるまでに、若干の間があり、この体温上昇を促し、午前中~日中の活動に必要なカロリーを摂取する必要もあるが、まだ消化器官が活発に活動していない時間帯ともあって、消化しやすい炭水化物が中心となる傾向が強い。

また、後述のとおり、朝食を摂らない人も多い。多くの栄養学者は一日の活動を始めるための大事なエネルギーと栄養を供給する食事として朝食を摂ることを薦めている。逆に摂らない方がよいと主張する医師なども存在する。

起床して朝食を摂ることで一日が始まるが、その朝食を摂るまでもなく簡単に済ませられるぐらい容易なことを「朝飯前」と呼んだりする

 

フランス


パン(バゲットまたはクロワッサン)や、シリアル、 飲み物にカフェ・オ・レ、コーヒーなど。パンにはジャムやバターを添えることがある。

ドイツ


パン(多くライ麦の入った酸味のあるものが好まれる)・コーヒー・ヴルスト(ソーセージ)・ハム。果物を摂ることもある。コーヒーでなく、紅茶や野菜ないし果物ジュース・麦芽を溶いたミルクを好むものもある。全体にあまり火を通さないものを並べる(カルトエッセン)

ドイツ料理には、Bauernfrühstück バウエルンフリュシュトューク(「農夫の朝食」)と呼ばれるボリュームのあるじゃがいも料理があるが、これが朝食に食べられることはない。農夫のように肉体労働をする人なら、朝食に食べるかもしれないが、という意味合いで、実際にはブランチ、もしくは昼食に食べられるものである。

イギリス・アイルランド


産業革命の時代より、伝統的にたっぷりの食事を、時間を掛けて食べるものとされ、炭水化物以外にも脂肪分や動物性蛋白質の豊富なメニューが並ぶ。

サマセット・モームが「イングランドでおいしいものを食べようと思うなら朝食を3回食べよ」と言ったように、評判の良くないことが多いイギリス料理のなかで朝食の評価はおしなべて高い。ただし量がとても多いので、旅行者の評判は微妙な傾向も見られる。英語では、イングリッシュ・ブレックファスト(イングランド風朝食)とかアメリカン・ブレックファストと呼び、大陸の簡素な食事をコンチネンタル・ブレックファスト(大陸風朝食)と呼ぶ。

18世紀以前は他の大陸諸国と同じく簡素な食事だったが、産業革命期に現在の英国風朝食のスタイルが生じてきた。

ベーコン、卵料理(通常は目玉焼き)を基本とし、英国風ソーセージ、マッシュルームのソテー、焼きトマト、 ブラック・プディング(豚の血で作った黒ソーセージ)、ベイクド・ビーンズ(豆の煮物)などにバターやジャムを塗ったトーストや揚げパンとミルクを添えた紅茶を添える。イギリス人はこのボリュームのあるFull English Breakfast を週末の朝などに食べている。通常は簡素なシリアルやトーストなどで済ませる者が多い。イギリス国内ではイングランド以外でも同様の朝食をとる食習慣があるが、スコットランドではこのような朝食を「スコティッシュ・ブレックファスト」と呼ぶ。

イギリス国外でも、その影響の強いアイルランドではそのような朝食をとるが、これを「アイリッシュ・ブレックファスト」と呼ぶ。

中国大陸・香港・台湾


地域によって異なるが、概ね粥や麺、饅頭(マントウ)など。粥には油条と呼ばれる揚げパンが供される場合がある。点心などで済ませる者も多い。 香港では港式早餐と呼ばれる卵料理、ハムまたはソーセージ、トーストとマカロニ、ビーフン、あるいはインスタントラーメンが入ったスープを組み合わせたものが茶餐廳で提供されている。

日本


江戸時代、庶民の間にも米食が広く普及するにつれ、地方により朝食における米食のスタイルの違いが見られるようになった。江戸では朝に炊飯したものを朝食として食し、夕食には湯漬けや茶漬け等にすることが多かったが、京阪などでは夕食に炊飯した残りを翌朝に粥として食すことが多かった。

和風の場合にはそれ相応に手間の掛かる傾向が強く、家庭の主婦の重労働とされる仕事の一つにも挙げられていたが、現在では様々な調理器具や調理済み食品が出回っている関係で省力化が進んでいる。

朝食といっても、前近代では身分によって食す時間帯が定まっていて、平安時代の天皇であれば、巳の刻(『寛平御遺誡』)、南北朝時代では午の刻(『建武年中行事』)、江戸時代では卯の刻に身を清め神仏を拝んだ後、辰の刻朝五ツ半(9時頃)に朝食を摂った。一方、近世の征夷大将軍は辰の刻朝五ツ(8時頃)に朝食を摂っており、天皇より早めの朝食を摂っていた。

現代では、和風ならば、ごはん、味噌汁、納豆、生卵、焼き魚、漬物、海苔加工品など。茶粥を食べるところもある。洋風ならばパン、目玉焼き、コーヒーやスープなど。

家庭によっては、前日の夕食の残り物を利用する場合がある。とくに鍋料理の場合はその傾向が強く、おでんは惣菜の1品として、水炊き、すき焼きの場合は雑炊などに調理して食べる。

アメリカ


アメリカ合衆国は移民の国であるので様々な形態の朝食が並立している。各移民が出身国の伝統を持ち込んでおり、また米国の地で生み出された新たな選択肢も加えられている。現在でもルーツにあたる国の朝食を摂っている家庭も相当数あり、イギリス系の人々はイギリス風の、ドイツ系の人々はドイツ風の、中国系の人々は中国風の朝食を摂るなどということも行われている。総数としてはイギリス系の人口が多いので日本のメディア等ではそれが紹介されることが比較的多い。

トースト、 シリアル、 卵料理(例:エッグスベネディクト) 、ベーコン、 ハム、 ソーセージ、 パンケーキ、 ワッフル、 フレンチトースト、 ドーナツ、 マフィン、 ベーグル、 果物、ハッシュドポテト、コーンビーフハッシュなど。

ただしこのすべてが供されるわけではなく、好みによって選択する。また、ブレックファスト・ステーキというものもある。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●大胸筋の鍛え方とリリース方法

●大殿筋の鍛え方とリリース方法

●広背筋の鍛え方とリリース方法

●三角筋の鍛え方とリリース方法

 

 

ー動画ー

●腰痛について理解する

●肩こりについて理解

●スクワットでニーインを防ぐ方法

●スクワットで膝を出すなというトレーナーは三流

●トレーニングベルトつけないと太くなるは大間違い

 

 

ーアセスメントー

●乳製品をとっていいことはない

●姿勢評価に必要な基礎アライメントチェック

●FMSディープスクワット

●腰痛で病院行く前に知っておくべきこと

 

 

ー栄養学ー

●人工甘味料について

●赤身肉のもつ発がん性とは

●水の持つ安全性

●アレルギーの権化、小麦粉について

●生理痛をひどくする食事とは

 

 

ーセミナー&テキストー

●解剖下肢前面

●解剖下肢後面

●炭水化物を極める

●タンパク質を極める

●解剖下肢臀部

 

 

ー究極出版はコチラー

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら