2月23日解剖臀部セミナー情報&動画120分

殿筋群(Gluteus Muscles)は、骨盤から大腿骨に付着する筋群で、大殿筋はハムストリングス・大内転筋とともに股関節の伸展筋群の1つです。

 

日常動作では、歩行動作(特に速歩)で使われます。

スポーツにおいては、短距離・水泳のスタート時、タックル・ジャンプの予備動作、ピッチングなど、股関節の大きな伸展動作時に主に用いられます。

拘縮すると、歩幅が狭くなり、歩行速度の低下を招きます。

 

大殿筋

大殿筋はハムストリングスとともに股関節伸展筋群で、拘縮すると骨盤が後傾するといわれています。

牛の大殿筋はランプで,先端部をイチボと呼びます。大臀筋は、哺乳類の臀部に存在する臀筋のうちの1つで、その名の通り臀筋の中で最大の筋肉である。なお、表皮から見ると大臀筋の下に中臀筋、その下に小臀筋が存在する。ヒトは直立二足歩行をするため、四足歩行のサルなどと比べても大臀筋が発達している。

ヒトに臀裂や臀溝が見られる要因の1つである。ヒトでは股関節の伸展や外旋を行う。

起始は浅部と深部に分けられる。

▼▼▼

動画購入希望はコチラ

 

※購入者にログインパスワードを個別でお知らせします。

ログイン後画面でセミナーフル動画が購入者のみ閲覧できるようになります

 

※テキストはログイン後取得できます。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら