深層外旋六筋の解剖&トレーニング&リリース

梨状筋は人間の仙骨の筋肉で股関節の外旋を行う。

数個の筋尖で仙骨の前面、前仙骨孔の外側および坐骨の大坐骨切痕の縁から起こり、大坐骨孔を通って大転子先端の内側面で終わる。

梨状筋と上双子筋、下双子筋、外閉鎖筋、内閉鎖筋、大腿方形筋はあわせて深層外旋六筋あるいは6外旋筋と呼ばれる。いずれも骨盤帯に付着しており、股関節を外旋させる。

また、これらの筋は深層に位置するため触診はできない。

通常、坐骨神経は梨状筋と上双子筋の間を走っているが、梨状筋を貫くように走っている場合、梨状筋をはさむように走っている場合もある。

 

双子筋は、坐骨から起こり、大転子に停止する、一対の筋である。

殿筋の深部にあり、坐骨棘、小坐骨切痕から坐骨結節にかけてから起こり、内下方に斜走し大腿骨の大転子に付く。

坐骨棘、小坐骨切痕を起始部とする上部を上双子筋、坐骨結節を起始部とする下部を下双子筋と分けて呼ぶこともある。

股関節の外旋作用がある。

 

内閉鎖筋は人間の坐骨と恥骨の筋肉で股関節の外旋を行う。

閉鎖孔のまわりの寛骨の内面および閉鎖膜から起こり、小坐骨孔をほとんど完全に埋めながら通過しながら、転子窩で終わる。

小坐骨切痕には内閉鎖筋の坐骨包がみられる。

 

外閉鎖筋は人間の坐骨と恥骨の筋肉で股関節の外旋を行う。

閉鎖孔の内側骨縁の外面と閉鎖膜から起こり、転子窩で終わる。

たまに股関節包にも停止する。

 

大腿方形筋は人間の坐骨の筋肉で股関節の外旋を行う。

坐骨結節から起こり、四角形の筋板として転子間稜で終わる。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら