ボディメイク:食事タイミング編

今回は食事のタイミングについてお話します。

多くのメソッドや意見がある中で確信に迫っていきますが、まず栄養補給のタイミングについてですが基本はトレーニング前後、というのが原則になります。

ですがよくあるのがトレーニング2時間前に何を摂るとか1時間前に何を摂るなどの話題ですよね。

結論から言うと食べる物によって当然変わります。

また炭水化物なのかタンパク質なのかなどについても変わります。

ですが基本的に筋トレの場合使われるのはタンパク質でもなく脂質でもなく筋グリコーゲンなんですね。

グリコーゲンとは糖質が体内で変化した形で人間は約450グラム~700グラム貯蔵することができます。

高強度の運動になればなるほど脂質よりも実はこの糖質が使われるんですね。

だからこそ裏を返せば糖尿病などの対策に筋トレは効果があることがわかりますね。

人間は基本となるエネルギー源が糖質です。

ということは例えば早朝、例えば朝食を抜いて昼の筋トレでどのようなことが体に起きるかというと、体の中に糖質が少ない状態でトレーニングをすることになります。

人はその糖質のエネルギー源が枯渇すると脂質やたんぱく質から糖質を作りだす糖新生という反応が起きます。


つまり糖質が体に補充されている必要があるのでトレーニング前に関しては例えばデキストリンなどであれば30分ほど前ですし、玄米など吸収がゆっくりのものになればトレーニング前2時間ほどになるというわけですね。

また運動後の食事に関しては・・・

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら