筋トレの効果を最大にするベータアラニンについて知っておこう

スポーツ運動生理学の発展により、トレーニングの効果は総負荷量やセット数、セット間の休憩時間などの変数によって決まることが明らかになっています。

トレーニング = 総負荷量 × セット数 × セット間の休憩時間 × トレーニング頻度 etc

特に総負荷量は、トレーニング効果の決定的な要素(Key factor)とされています。総負荷量は運動強度と運動回数(レップ数)をかけ合わせることで算出されます。

 

総負荷量 = 運動強度 × 運動回数(レップ数)

 

近年のスポーツ運動生理学では、低い運動強度であっても、疲労困憊になるまで運動回数を増やし、総負荷量を高めることができれば高強度と同じか、それ以上のトレーニング効果を得られることが示されています。

しかし、疲労に打ち勝ち、自分を追い込むことは容易ではありません。誰しもそこまで強くないからです。

では、ある栄養素を摂ることで疲れにくくなるとしたらどうでしょうか?

トレーニング時の疲労を軽減できれば、いつもよりも運動回数を多く行うことができます。運動回数の増加は、総負荷量の増大につながり、トレーニング効果を最大化することができるのです。

 

その栄養素が「ベータ(β)アラニン」です。

今回は、現代のスポーツ栄養学でトピックスとされているβアラニンについて知識を深めていきましょう。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら