実際に書いて触ってみた。縫工筋の触診!

縫工筋は大腿四頭筋を横断するように走行にある帯状の長い筋肉です。
縫工筋は骨盤の上前腸骨棘から起始し、斜めに下内方に向かって脛骨内側面の上端(鵞足)に停止する筋肉で身体の中で最も長い筋肉です。



二関節筋である縫工筋は、主に股関節の屈曲と膝関節の屈曲に関与しますが、この2つの動きが同時に生じる場合は、縫工筋の働きは弱くなります。その他にも股関節の外旋、外転、下腿の内旋などといった動作にも関わってきます。




 



膝関節の屈曲が伴わない場合は起始である上前腸骨棘が下方ヘ引っ張られるので骨盤が前傾します。
つまり、縫工筋の柔軟性が失われると骨盤が前傾するようになるので結果的に腰椎の前弯が強くなります。
このように過度な腰椎前弯を防ぐためにも腹直筋を強化しておく必要があります。
また、縫工筋の弱化はニーイン・トゥーアウトの原因にもなるので、そのまま鵞足炎へとつながってしまうこともあります。
縫工筋を強化するためには基本的には腸腰筋を鍛えるエクササイズを行えば良いと思います。
ストレッチを行う際はパートナーに股関節の十分な伸展と内転、そして内旋をしてもらいます。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら