腰痛原因トップクラス!この筋肉は必ず見る!

腸腰筋は股関節屈筋の一つで大腰筋と腸骨筋そして小腰筋の3つを総称した呼び名です。



大腰筋は大腿直筋と共に股関節を屈曲させる最も重要な筋肉です。

大腰筋は第12胸椎から第4腰椎の椎体・肋骨突起、第1~第5腰椎肋骨突起から起始し、腸骨筋と共同腱によって大腿骨小転子に停止します。




 



大腰筋の起始部は腰椎体の両方側と横突起から起こるのでこれらの筋肉が過度に硬いと骨盤が前傾してしまい、それに伴い腰部の前弯が高まります。
腰部は構造的に適度な前弯(生理的弯曲)がなければなりませんが、前弯が過度になってしまうと腰椎の椎骨が前方へとズレが生じてくるので、これが原因で腰痛になってしまうことがあります。

腰の反りが強くなってしまった腰椎前湾症の方は仰臥位に寝るのが苦手な方が多く、腰が痛くなるの防ぐために無意識のうちに側臥位(横向き)で寝る方が多いのが特徴です。
仰向けになった状態での脚の挙上は基本的に股関節の屈曲動作なので主に腸腰筋をはじめとした股関節屈筋群(腸腰筋、大腿直筋、縫工筋など)が作用するので、厳密にいうと体幹への運動効果はあまり期待はできません。

腰椎が前弯している方がもしこの手のエクササイズを行ったとすると腰を痛める可能性が高いのであまりお勧めすることはできません。
もし、レッグレイズ・ウィズソフトギムなどのエクササイズを行うのであれば前提条件として予め腹直筋の強さが要求されます。

腹直筋が働くことで骨盤の後傾が保たれるのでレッグレイズを行っている間も腰部の平らにキープすることができるので安全にレッグレイズができるのです。

もしこのエクササイズを取り組むのであれば最初は膝を曲げて行い、筋力の増加に伴って膝を伸ばして行うと安全で効果的なトレーニングができます。
腸腰筋のストレッチを行う際は腰が反り過ぎないように股関節の伸展させ、更に内旋動作を加えることでより効果的にストレッチを行うことができます。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら