大腿筋膜張筋実際に見て聞いて触ってみる

大腿筋膜張筋は大腿上部の外側で大腿筋膜のなかに包まれています。



上前腸骨棘と大腿筋膜の内面から起始し、大転子の前方を経て腸脛靱帯に移り、この靱帯は大腿の外側を下行し、脛骨外側顆に停止します。

運動動作においては主に股関節の屈曲・内旋・外転、膝関節の外旋といった動きに関与します。




 



大腿筋膜張筋は他の股関節屈筋(大腿直筋、腸腰筋など)によって股関節が屈曲しているときに、股関節の外旋動作を抑制させる作用を持ちます。

すなわち、大腿筋膜張筋は歩行時や走行動作で脚を前方に振る(股関節屈曲)際、股関節が外旋するのを防ぎ、足がまっすぐ前に出るようにするという重要な役割を果たしているのです。

また、中臀筋、小殿筋と共に骨盤が左右にぶれないように安定させるというとても重要な働きもしています。
大腿筋膜張筋は側臥位になって、股関節を外転させるヒップアブダクションというエクササイズで強化することができます。



 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら