実際に薄筋の場所を把握触ってみる!

大腿の内側には大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋などがありますが、それらをまとめて内転筋群と呼びます。



薄筋は長い帯状の筋で大腿の最も内側を走行する筋肉です。

薄筋は恥骨結合外側縁から起始し、近位で縫工筋の後縁に沿うように走行し、その後、縫工筋、半腱様筋と共に鵞足を形成し、脛骨の内側面に停止します。




 



薄筋は膝関節をまたいで脛骨に停止するとても細長い筋肉で内転筋群の中で唯一の二関節筋です。(股関節、膝関節をまたいでいる)

そのため薄筋は股関節を内転、屈曲させる作用を持つだけではなく、その他にも膝関節の屈曲や下腿部の内旋させる作用も持ちます。
スポーツの場面においては薄筋は水泳の平泳ぎや乗馬などで特に使用されることになります。
しかし、日常生活においては薄筋はを含む内転筋群(大内転筋、長内転筋、短内転筋、恥骨筋)はあまり使用される場面が多くないので、筋トレなどで積極的に鍛えておく必要があります。

骨盤の安定性を高めるうえでも積極的に大内転筋は鍛えることはとても重要となります。
ストレッチは基本的に他の内転筋群と同じやり方で構わないのですが、薄筋は膝関節を跨いだ二関節筋なので膝関節を伸展させた状態で行う必要があります。



 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら