棘上筋を実際に触診してみる

棘上筋は肩甲骨の棘上窩から起始し、上腕骨の大結節上部に停止している肩関節外転の主力筋になります。

骨頭中心からの距離が短いために外転力はそれほど強くなく、それよりも外転時に骨頭を関節窩に引きつける作用のほうが重要です。

また、棘上筋は回旋軸を前後にまたぐ筋肉であるため、前部線維には内旋作用が、後部線維には外旋作用があります。

 

回旋筋腱板

棘上筋のように関節を動かすよりも関節を安定させる役割が大きいのは深層筋の特徴であり、外転力は主に三角筋中部が担っています。棘上筋は回旋筋腱板を構成する筋肉であり、腱板は上腕骨頭を囲むように付着し、肩関節を安定させるために貢献しています。

それでは、なぜ棘上筋が重要なのかというと、その場で骨頭を回転させることにより、骨頭が関節上方に浮き上がるのを防ぐからです。

浮き上がると何が問題かというと、肩峰と上腕骨頭が衝突し、その間を通過している棘上筋腱や肩峰下滑液包が潰れてしまいます。

それが腱板損傷の発生に深く関与しており、棘上筋腱が最も断裂しやすい原因にもなっています。

 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら