菱形筋の解説とトレーニング&リリース方法

菱形筋群は上部にある小菱形筋と下部にある大菱形筋の二つで構成され、僧帽筋に被われる薄い菱形の筋です。
大きさなどに違いはありますが、形状も働きもほぼ同じで、主に肩甲骨を内転に作用し、また、肩甲挙筋、小胸筋と協同して肩甲骨を下方回旋させる働きがあります。



また、小菱形筋は肩甲挙筋とともに肩甲骨の拳上にも関与します。
小菱形筋、大菱形筋の筋力が著しく弱化すると肩甲骨が外転するので結果的に肩関節が内旋し、猫背のように背中が丸くなってしまいます。



この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら