大殿筋の解説とトレーニング&リリース

大臀筋は臀部を形成している筋肉のうち最も表層部にあり、肥厚し、著しく膨隆して豊満観を与える筋肉です。
また、単一筋としては人体の中で最大の面積を誇ります。
大臀筋は仙骨と腸骨の後面から起始し、全体として方形をなして斜めに下外方に向かって腸脛靱帯と大腿骨の殿筋粗面に停止します。

大臀筋はハムストリングスと共同し、主に股関節の伸展に関与する筋肉ですが、その他にも股関節の外旋や外転といった動作にも関与します。



大臀筋は股関節の外旋筋でもあるので外旋を伴った股関節の伸展動作のときに一番使用されるのです。




 



すなわち、バーベルスクワットやレッグプレスを行う際、股関節をやや外旋位で行うと効率良く鍛えることができるということです。

このように大臀筋は股関節の伸展の際に大きく貢献するので、姿勢保持に関与し立位で正しい姿勢を保つためにも日頃から筋力強化をはかることがとても重要。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら