大腿筋膜張筋の解説と回旋動作へ与える影響

大腿筋膜張筋は大腿上部の外側で大腿筋膜のなかに包まれています。



上前腸骨棘と大腿筋膜の内面から起始し、大転子の前方を経て腸脛靱帯に移り、この靱帯は大腿の外側を下行し、脛骨外側顆に停止します。

この靭帯は膝蓋骨にぶつかることで腸脛靭帯炎という膝関節の外側痛にかかわります。

また外旋の動きにも関わりますがその解説について動画撮影しました。




この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン