機材なしで背中の効率の良いトレーニング方法!

背中の効率の良いトレーニングを紹介します。

この種目に限らず背中の代表的なトレーニング部位は”広背筋”です。

 

広背筋は

仙骨正中稜から胸椎7番や肩甲骨下角を通り上腕骨小結節稜に付着しているわけですが、この筋肉を鍛えることは付着部位から考えるに肩甲骨の下制方向への張力にも関係します。

 

つまり鍛えることで肩こりなどの解消にも関係するということですね。

その効率の良い鍛え方をご紹介します。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら