アームカールのやり方とその解説

アームカールは上腕二頭筋を鍛える代表的な種目ですがその種目のやり方を多くの方が間違えています。

 

上腕二頭筋はそもそも肘の曲げ伸ばしだけで鍛えられる筋肉ではありません。

なぜかというと付着している部位は烏口突起に付着してる短頭、肩甲骨関節下結節です。

つまり肩甲骨に付着している、ということ。

 

だからこそ上腕二頭筋は肩関節の屈曲を動作として伴います。

また停止部は橈骨粗面のため前腕部の回外を伴います。

 

つまり最も効く方法は・・・

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン