反り腰の理由とその改善

慢性的な腰痛に悩まされるかどうかは、普段の姿勢で決まります。

壁を背にして立ったとき、腰に手がすっと入るのが腰に負担のかかりやすい「反り腰」。

腹筋など「体の前側の筋肉」と、姿勢を支えるべき「体の後ろ側の筋肉」のバランスの崩れが原因となり、腰痛が起こります。

解決法は、固まった筋肉をほぐし、なまけた筋肉を鍛えること。

腰がすっと伸びれば痛みも軽くなり、猫背もすっきり、体のラインもきれいになって、いいことづくめのメソッドです。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら