脊椎の解剖及び胸椎の回旋運動

椎骨

1-B1脊椎は椎骨とよばれる骨が連結したものです。

頭側から頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個がありその下に、仙椎、尾骨があります。

英語の頭文字をとって、頚椎(Cervical spine)はC1~C7、胸椎(Thoracic)はT1~T12、腰椎(Lumbar)はL1~L5で表現されます。

側面から見ると、頚椎、胸椎、腰椎、仙椎はそれぞれ前後に弯曲しています。

これを生理的弯曲といい、頚椎と腰椎は前弯、胸椎と仙椎は後弯となっています。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら