筋肉が最も成長する方法を知っていますか?

筋肉の成長を細胞レベルで考える


筋肉の成長は、間違いなく厳しいトレーニング、厳密な栄養摂取、一貫性と適切な休息の結果ですが、それはまた、より小さな細胞レベルでの相互作用の結果でもあります。

体の中では筋肉の増強を開始するために何が起こっているのか、そして貴方はどうやったら自分自身の成果を最大限にできるのか、詳しく見てみましょう!

細胞レベルでの筋肉造り 数時間に及ぶ筋肉の鍛錬の間、好中球とマクロファージ(共に白血球の一種で、白血球は炎症を鎮めるのにとても重要です)は貴方の傷ついた筋肉の中に入り込みます。

すると“サイトカイン”と呼ばれる、小さな、細胞間伝達物質であるタンパク質が放出されて、筋サテライト細胞の周りにより多くの白血球を呼び寄せます。

筋サテライト細胞とは、いってみれば、筋肉がダメージを受けた場合に備えて筋繊維の外側に戦略的に配置されて、常にスタンバイしているファーストレスキューの隊員たちです。

シグナルを受信すると、これらの通常は眠っている様な状態の細胞が目を覚まし、信号を受けて傷ついた筋肉の傍で自らを増幅することで状況に対応します。

信号の通路が最終的に筋サテライト細胞の活性化と増幅をコントロールしていて、彼らがより大きな、より強い筋肉を作り出すことを可能とします。

筋サテライト細胞は1つの核を持っていますが、これが司令塔の様に機能して遺伝子の種類を統制します。

細胞組織のダメージによって呼び起こされた場合には、筋サテライト細胞は分裂して、既存の筋繊維に融合することによって新しい筋細胞に分化します。

これが、筋サテライト細胞が新しい筋肉の一部となり、筋肉の修復を助けるシステムです。基本的には、この瞬間にあなたの筋肉が大きく育ち始めるのです!

筋サテライト細胞が、傷ついた筋肉を治す為に呼び集められた2週間以上の期間の間、私たちの傷ついた筋繊維は、通常は眠った状態の筋サテライト細胞に囲まれます。

彼らの筋肉増強のマジックを働かせるためには、これらの筋サテライト細胞が細胞周期に組み込まれ、細胞を形作る際には、私たちの筋繊維を築き上げる働きのある分子として分化する必要があるのです。

平均して、細胞周期の旅には16時間かかります。

シグナルの伝達通路こそが最終的に筋サテライト細胞の活性化と増幅をコントロールしていて、彼らがより大きな、より強い筋肉を作り出すことを可能とします。

 

 

筋サテライト細胞を活性化させるには?


この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら