大筋群を鍛えれば痩せるので”スクワット”は間違い

一般的に、基礎代謝が高い人は筋肉量が多いといわれます。

その理由はどうしてなのでしょうか。

今回は、基礎代謝と筋肉量との関係を解説します。

 

基礎代謝の中には筋肉による消費がおよそ2割


基礎代謝とは、安静にしていても消費される必要最低限のエネルギー量をいいます。

実際、一日中寝転んでいても、生きるために心臓が動き、呼吸のために肺が動き、さらに体温の維持のためにエネルギーを使います。

こうした、筋肉や心臓、脳などの基本的な活動量を表すのが基礎代謝量です。
基礎代謝の内訳は、次の通りです。

 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら