スクワットで”膝を出すな”は間違っている!!!

トレーニングの王道とも言えるスクワット。

下半身の強化や姿勢の改善のために、日々頑張ってる方も多いのではないでしょうか。

めんてなでは膝や股関節を痛めた方のコンディショニングを担当することが多く、スクワットのフォームチェックは非常に大切になっています。

その中でよく出てくる課題というのが、

膝はつま先よりも前に出ていい

という説明をしっかりと行うことにあります。

フィットネスクラブや病院でスクワットの指導を受けると、ほとんどの場合で膝をつま先よりも前に出さないようにと説明を受けます。

確かに膝を痛めると、この方がいい場合もあるのですが、実際には膝がつま先よりも前に出ても問題ないことが多いのも事実。

どうしても細かく指導しきれないために、このような画一的な指導になってしまうのですが。

その理由について解説していきます。

 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら