日本人悩み1位の肩こり解消方法

肩がずーんと重く感じられる肩こり。

肩甲骨が背中に張りついているような感覚がある人も多いだろう。

肩甲骨は本来、肋骨の上をすべるように動く。

だが肩こりの人は、肩甲骨が肋骨に癒着したようになって、動きが悪くガチガチになっていることが多い。

 

ガチガチ肩甲骨かどうかは、背中を壁につけて立ち、腕を上げるだけで簡易的にはわかる。

 

水平から45度までは、肩関節だけで腕が上がる。

だが、それ以上に腕を上げるのは、肩甲骨の動き。

つまり、45度までは上がらないと肩甲骨はガチガチかも。

 

 

そもそも肩こりには、深い部分にある菱形筋と肩甲挙筋が大きく影響する。

どちらも肩甲骨を動かす筋肉で、これらが硬くなると、肩甲骨の動きが悪くなり、ガチガチ肩甲骨になってしまう。

だからこの2つをほぐし、意識的に鍛えることが必要。

 

「肩甲骨はがしストレッチ」でまず肩甲骨を動かせる範囲を広げてから、「肩甲骨はがし筋トレ」で2つの筋肉を鍛える。

肩こり、首こりから猫背まで解消できる。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●大胸筋の鍛え方とリリース方法

●大殿筋の鍛え方とリリース方法

●広背筋の鍛え方とリリース方法

●三角筋の鍛え方とリリース方法

 

 

ー動画ー

●腰痛について理解する

●肩こりについて理解

●スクワットでニーインを防ぐ方法

●スクワットで膝を出すなというトレーナーは三流

●トレーニングベルトつけると太くなるは大間違い

 

 

ーアセスメントー

●乳製品をとっていいことはない

●姿勢評価に必要な基礎アライメントチェック

●FMSディープスクワット

●腰痛で病院行く前に知っておくべきこと

 

 

ー栄養学ー

●人工甘味料について

●赤身肉のもつ発がん性とは

●水の持つ安全性

●アレルギーの権化、小麦粉について

●生理痛をひどくする食事とは

 

 

ーセミナー&テキストー

●解剖下肢前面

●解剖下肢後面

●炭水化物を極める

●タンパク質を極める

●解剖下肢臀部

 

 

ー究極出版はコチラー

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら