膝が内側に入ってしまうフォーム解消方法

今回はエクササイズとポジション(関節の位置)の関係についてお話をさせて頂きたいと
思います。
昨今トレーニング本や文献で多種多様なエクササイズが紹介されています。
運動指導に携わる皆様は、それこそ無数のエクササイズを試したことがあるかと思います。

例えば、前十字靭帯の障害を予防するためにはどのエクササイズが良いのでしょうか?
という質問を受けた時、皆様はどんなエクササイズを思い浮かべますか??

多くの方が着地時のニーイン(膝が内側に入る)を予防する為の『股関節外旋筋群を鍛え
るエクササイズ』を思い浮かべるかと思います。
今回は『股関節外旋筋群を鍛える』とされているエクササイズがポジションによってどう変わるかを考察します。

股関節外旋エクササイズとして代表的な物の1つに

【クラムシェル】というエクササイズがありますよね。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら