円背発生のメカニズム③

円背姿勢の原因3.筋力低下や不良姿勢


筋力低下や不良姿勢も円背の原因になります。

僕たちが普段正しい姿勢を保っていられるのは筋肉がからだを支えてくれているからです。もし筋肉がなくて骨だけだだったとしたらとバラバラになって崩れ落ちてしまいます。

骨を筋肉や腱、靭帯で支えることでからだは姿勢を保持できているんです

若いころは筋力がしっかりとしているため正しい姿勢を維持できていますが、年を取って筋力が低下するとからだを支えられなくなり姿勢が崩れていきます。

これが筋力低下による円背の原因です。

 

そして筋力低下とセットになっている原因に不良姿勢があります。

不良姿勢と言ってもとんでもない姿勢というワケではありません。円背の原因になっている不良姿勢というのは普段の僕たちがよくやっている下を向く動きのことです

 

  • 食事

  • 読書

  • 勉強

  • PC作業

  • 物を拾う

  • パンツをはく


 

など僕たちの日常生活の中では下を向く動きが「横を向く」「上を向く」といった動きよりも多いですよね。

このような動きを毎日繰り返していると下に引っ張られて自然と背中が丸まりやすくなります。さらにここに筋力低下が加わって円背になるんです。

若いころから姿勢が悪くて猫背になっている人なんかは、加齢による筋力低下が起こると円背になる可能性が高くなるので気をつけないといけません。

 

以上が高齢者に多い円背の原因なんですが、これらが原因で円背になると腰にも負担がかかって腰痛や背中の痛みが出てきます。

そこで次は円背にならないための、もしくは円背でも痛くならないための改善法を紹介していきます。

 

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら