あなたのトレーニングは本当にファンクショナルですか?

過去の7年間、私はダイナミックバリアブルレジスタンストレーニング(DVRT™) プログラムのほぼすべてのエクササイズを、かなり興味深い反応が得られる、1つの単純な質問でスタートしてきました。

これは、フィットネス業界について多くのことを語ってくれます。

 

 

”ファンクショナルトレーニングとは何を意味するのでしょう?”

この質問には多くの異なった答えが帰ってきます

“現実世界のためのトレーニング。”

“全身のトレーニング”。

“動きのトレーニング”。

 

 

そこにはいつも多くの答えがあり、フィットネス業界は、“ファンクショナルトレーニング”の普遍的な定義を実は持っていないことを示しています。

どうしてでしょう?

少なくとも20年間、業界に存在している用語をなぜ定義していなかったのでしょうか?

最大筋力、筋持久力、そして、フィットネス要素の大部分は教科書に定義されているのに。

 

 

しかし、そんなこと誰が気にしますか?

私がいつも“ファンクショナルトレーニングとはなんですか”と問いかける本当の理由はなんでしょうか?“

ワークアウトやプログラムにどのようにファンクショナルトレーニングを使用するのか?”

 

という、より重要な問いかけへのセットアップができるからです。

フィットネス業界では、本当に多くの”もの“に”ファンクショナル“というラベルが貼られていて、人間の動きの効率性を向上させるという命題に、本当に効果的で有益なものが何であるがを判別することが非常に難しくなっています。

人間の動きの効率性を向上させることが、DVRTにおけるファンクショナルトレーニングの定義になります。

 

現実として、ほとんどの“ファンクショナルトレーニングプログラム”はあまりファンクショナルではないため、この考え方を理解することはとても重要です。

これらのプログラムは、動きの中の大きな側面が抜けていたり、また、そのいくつかを教えていても、それらの動きのプログレッションや、全体的な動きは、どちらかと言えば制限されています。

ファンクショナルトレーニングを理解しているコーチやプログラムを最も簡単に見つける方法の1つが、回旋を基盤にしたトレーニングのシステムを教えているかどうかになります。

 

なぜ私は、この特定の側面を選ぶのでしょうか?

なぜ回旋トレーニングがファンクショナルトレーニングプログラムの中でそれほど重要なのでしょうか?

パンチング、スローイング、キッキングやパワー系の動きのほとんどが、回旋の要素をかなり多く含んでいるからです。

私たちの身体は、身体の様々な連鎖を通して回旋を利用することで、より大きなパワーを産み出せるようにデザインされているのです。

 

例えば・・・

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら