メカニカルストレス抜きに筋力トレーニングは語れない

メカニカルストレスとは力学的な刺激のことですが、筋力アップや筋肥大を目的とする場合、やはり負荷強度を中心に考えなければいけません。

 

これは筋力トレーニングの知識が確立されていない時代から変わらないことで、軽いものを持ち上げても筋力がつかないことは誰でも経験的にわかるでしょう。

また、これまでに行われてきたさまざまな研究においても、メカニカルストレスによって筋力アップや筋肥大が起こったというエビデンスは数多くあるので、メカニカルストレスを抜きにして筋力トレーニングは語れないという路線ができています。

 

ごく最近の研究では、必ずしもメカニカルストレスが強くなくても筋肉を成長させる方法があることがわかってきていますが、最終的に筋肉に強く、大きなパワーを発揮させることがトレーニングの目的である場合は、やはり負荷強度の低いトレーニングをしても意味がありません。

大きなパワーを出すトレーニングを繰り返し行うことで、さらに大きな力が出るようにしていくのが最もオーソドックスなやり方であり、それを崩してはいけないのです。

 

楽なトレーニングでは決して筋肉は強くならない


一般の人はもちろん、スポーツ選手や指導者にも、歯を食いしばるようなトレーニングをせず、できるだけ楽をして身体を強くしていきたいという考えがあるかもしれません。

あるいは、重いものを持つとケガをする危険性が高くなるので、それを避けたいという意見もあるでしょう。

 

具体的には・・・

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン