「一気に加速、すぐに力を抜く」-バリスティックトレーニングのポイント

今回は、メカニカルストレスが強い「バリスティックトレーニング」について見ていきます。

このトレーニングは、「目の前にある負荷を瞬間的に強く加速させる」というもの。「ジャンプ」などがその典型例です。

その目的は、単純に筋力を高めるというものではなく、筋力を実際の動作に結びつけることにあります。

 

バリスティックトレーニングはバーベルを使っても可能

今回は、前回触れたバリスティックトレーニングの具体例から始めましょう。

 

バーベルやダンベルで筋トレする場合も、目の前にある負荷を瞬間的に強く加速するようにすれば、バリスティックトレーニングになる。

例えば、ジャンプは典型的なバリスティックトレーニング

単純にピョンピョン跳ぶだけでも立派なトレーニングになります。

 

また、バーベルやダンベル、ケーブルマシンを利用する場合も、目の前にある負荷を瞬間的に強く加速するようにすれば、バリスティックトレーニングになります。

 

わかりやすい例としては、(重量挙げの)クリーンやスナッチなどが挙げられますが、ベンチスロー(バーベルを上に放り投げるように負荷を加速する。落下途中でバーベルが減速されるスミスマシンなどを利用する)、メディシンボールを使ったキャッチボールなどもバリスティックトレーニングといえます。

いずれもポイントは「負荷を持ち上げる」のではなく、「一気に加速させ、すぐに力を抜く」こと。そこに力点を置いていれば、それはバリスティックトレーニングといえます。

 

「瞬発力トレーニング」「負荷を加速するトレーニング」といったいい方をされることもありますが、表現の仕方が違うだけで本質的には同じトレーニングといえるでしょう。

 

 

切り返し動作が含まれるとプライオメトリックトレーニングに

 

そのメカニズムとは・・・

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら