肩の安定性を高めベンチプレスの重量を伸ばす方法!

肩の安定性強化のための動画です。

 

『ショルダーパッキング』とは文字通り、肩周りのインナーマッスルを利用して肩周りの安定性を図るということ。
トレーニングや競技において、肩周りをニュートラルな状態で維持することは、怪我を防ぐという意味でもパフォーマンスを上げるという意味でも非常に大切です。

この『ショルダーパッキング』が体感しやすい動作としては、まず腕をまっすぐ前に出した状態で拳を作ります。
脇に力を入れた状態で肩周りを背中側に素早く引きます。

すると肩の下側に力の意識が入ります。
その状態で腕を体側まで下げると『ショルダーパッキング』の完成です。
この姿勢は、『肩が上にすくまない』、『首が長く見える』、『肘が後ろに引けて綺麗に見える』などの『綺麗になりたい女性』にもってこいな姿勢です。
『肩甲骨を寄せる』と違うのは脇の下に意識があるところです。

脇の下には『前鋸筋』という筋肉がありますが、これは肩甲骨の内側にある『菱形筋』と筋膜的連結(スパイラルライン)があります。

この記事の続きを読むには会員登録をお願いいたします。
会員登録はコチラ

ログインはこちら